アーカイブ | RSS |
関東青連ニュース
関東青連ニュース  日広青連 第11回通常総会開催
投稿者 : hiro-eda 投稿日時:2012-06-26 (1557 ヒット)

日広青連 第11回通常総会 IN 北海道

◆2012年6月20日(水)◆

 平成24年6月20日午後1時30分、日広青連(北山誉至宗)は、第11回通常総会を北海道札幌市の「札幌パークホテル」にて開催。多くの青年部関係者が参加した。関東青連からは戸島会長をはじめ10名が参加した。来賓としては日広連を代表して高橋会長、藤井副会長、原田副会長、日広青連歴代会長の小澤元会長、小林前会長が出席。この日は台風の影響で朝から雨が降り、気温は15℃程度で6月にしては肌寒い一日だった。
 会は定刻、日広青連氏家福会長の司会で始まり、まず出席状況について、会員総数43単組に対し、出席12名、委任状23名の合計35名で、会則29条に則り本総会が成立したことが報告された。議案審議に先立って来賓の挨拶が行われた。最初に日広連高橋会長、藤井副会長、原田副会長が挨拶をおこなった。その中で日広連自体が赤字運営のため、財政が厳しく、今後日広青連へ補助はカットされることが説明された。続けて日広連杼窪副会長、東北地区連大戸会長が挨拶をおこない、東日本大震災での日広青連からの義援金のお礼を、被災県である茨広美石原理事長、岩広美白澤理事長共々挨拶をおこない、今回いただいた絆はまたいつかどこかでお返ししていきたいと述べた。来賓退席後、北山会長が挨拶をおこない、青年部ならではの会員拡大の重要性を説明した。

 議案審議は北山会長を議長に迎え、次の審議が行われた。

【第1号議案】平成23年度事業報告承認の件

所属青年部状況は全国43青年部が参加所属。実施事業は平成23年6月20日に第10回日広青連通常総会を愛知県名古屋市にて開催。同日第5回振興協議会を開催。6月17日に平成23年度第1回役員会を大阪にて開催。10月28日から29日に第7回全国交流会を島根で開催。平成24年3月7日は東京にて日広連第56回通常総会が行われ、北山会長が出席。3月8日には東京「屋外広告会館」にて平成23年度第2回役員会を開催、中間決算報告、第11回日広青連総会議案等について役員15名の出席者にて協議した。同日東京ビックサイトでジャパンショップ視察研究会が行われた。3月9日は関東地区連青年部セミナーが開催され北山会長が出席した。

【第2号議案】平成二十三年度決算報告

平成23年度の決算報告が井野財務理事おこなわれ、石田監事から監査の結果、特に問題がなかったことが報告された。

【第3号議案】団体名称と規約改正について

親会が4月1日をもって一般社団法人日本屋外広告業団体連合会に名称変更したため、本会も本総会に於いて「日本屋外広告業青年部連合会」に名称変更、併せて規約上の団体名についても変更と説明が行われた。また、役員の名刺については既に配布した物を使用する旨があり、了承された。

【第4号議案】役員補選

今季は変更申請がなかったので現行役員で執行部を務める旨が報告された。

【第5号議案】平成24年度事業事業計画承認の件 

単組青年部設立の促進と加盟の促進については、長野県・岡山県・福井県・鳥取県に引き続き設立の促進協議を続けていく。そんな中、平成24年5月に岡山県から近々設立の意向が有った。

全国交流会の実施については平成24年10月26日から27日で、開催は四国・高松を予定、開催地香広美青年部山田会長より、説明が行なわれた。地区連事業への参加では、近畿地区連連絡協議会は毎年サインエキスポの開催をおこなっている。日広青連ニュースの発行について、年4回の発行を行っていく。7月号は原稿締きり6月25日、片面ページで、記事は第11回総会の報告、振興協議会の報告、ゴルフの報告、近畿地区連主催連絡協議会の報告、全国交流会のPR、他よ掲載。

10月号は原稿締きり9月25日、片面ページで記事は、全国交流会の報告、単組紹介、他を予定。1月号は原稿締きり12月25日、片面ページで記事は年頭挨拶、新年の抱負、他で予定されている。4月号は原稿締きり3月25日で片面ページ、記事は役員会報告、日広連総会報告、実施計画案内、他で予定。

ネットワークの活用促進についてはメーリングリストの維持管理。ネットワークの活用促進を図る為、管理者として広報担当者を選任する。他にモバイルを活用したフェイスブック等の連絡網の確立を推進。詳細を戸島副会長が説明を行った.

役員会の開催予定日については、第1回役員会議をサイン&ディスプレイショウ開催期間中の平成24年9月14日に実施する。第2回役員会議については平成25年3月に屋外広告会館にて実施予定。

【第6号議案】           

平成24年度収支予算

収支予算については、親会からの助成金がゼロと非常に厳しい運営を強いられることになるが原案が承認された。

【第7号議案】

その他

ホームページと女子会メーリングリストについてそれぞれ、途中経過が説明された。

 


全ての議案は承認され、約1時間で総会は終了した。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド