アーカイブ | RSS |
  
投稿者 : hiro-eda 投稿日時:2012-02-13 (1749 ヒット)

 


神広美 平成24年 新年賀詞交歓会開催

◆2012年1月25日(水)◆


 1月25日()川崎日航ホテル11階の橘の間にて、神広美および同青年部は「平成24年新年賀詞交歓会」を開催した。会は定刻に神広美の末廣専務理事、江田常務理事のふたりの司会で進行した。神広美高橋副会長の開会あいさつ、近藤会長のあいさつのあと、平成23年度前期技能検定合格者の披露が行われ、「広告面粘着シート仕上げ1級」に合格した下條武史氏が紹介され近藤会長より賞状を受け取った。続けて23年度各種受賞者の披露などが行われた。

今回は来賓として参加してくださった方々は、関東地区連萩尾会長、埼広協藤井理事長、茨広美石原理事長、群広美伊藤理事長、千広美井畑相談役、川崎市議会議員の小川あきのぶ氏、総合報道の鈴木氏、関東青連戸島会長の他、菱和ライテック、三菱オスラム、桜井、中川ケミカル、スター商事、住友スリーエムなど、過去にレベルアップ研修会などでお世話になったメーカーや商社の方々に数多く参加していただき、参加者は総勢69名でした。    

来賓を代表して、最初に関東地区連萩尾会長が挨拶をおこなった。次に挨拶をおこなった関東青連戸島会長は、現在取組んでいるネットワーク委員会について説明、最後に川崎市議会議員の小川氏が挨拶を行った。そのあと鏡開きが関東地区連萩尾会長、関東青連戸島会長、菱和ライテック津久井常務、神広美近藤会長、同青年部齋藤部長の5名により、会場からの「ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ!」の掛け声でおこなわれた。このあと神広美青年部齋藤部長の乾杯の発声で開宴した。 

 しばしの歓談のあとはゲーム大会のスタート。第1ラウンドは「テーブル対抗・ビール銘柄当てゲーム」でテーブルに運ばれた6種類の中から、5銘柄を当てるというもの。一種類はダミーでノンアルコールビール。賞品は7テーブル中、上位2テーブル全員に『青森産リンゴ1箱』が直送されるので、各テーブルが真剣に取組んでいた。優勝テーブルは3問正解、準優勝テーブルは2問でふたテーブルが同点でジャンケンで勝負となった。このゲームのポイントは、団体戦で初めて顔を合わせた人達がコミュニケーションをとりやすくすること。ゲームのあとはテーブルごとに纏まりも出てくるところである。

 

 団体戦のあとは、全員参加!個人戦の真剣勝負!!「一攫千金!五百円玉じゃんけん」だ。司会者の全員起立の掛声でゲーム開始。「最初はグー!ジャンケン・ポン!!」の一瞬で勝負は決まる。歓声と溜息が入り乱れる瞬間である。ガチな勝負は4回戦を終えた段階で5名が残った。この時点でひとり8千円を握り締めている。時間の関係もあり、ファイナルラウンドは異例の5名対決となった。あいこが続いた後の4回目に遂に決着。優勝は神広美高畠稔理事で4万円をゲットした。高畠氏はテーブルに戻り、同じテーブルのメンバーと賞金?勝金?を山分けした。この行いが後に高畠氏に幸運をもたらす事になる・・・。

 

 後半にさしかかり、皆さんお待ちかねの「賞品ドラフト抽選会」がスタートした。今回はTIGER/IH炊飯ジャー、SHARP/プラズマクラスター付加湿空気清浄機、東京ディズニーリゾート(家族分)Victor/ハイビジョンメモリームービー、SHARPAQUOS液晶テレビ26型、SHARPAQUOSブルーレイレコーダーの6つの豪華賞品が指名され、源泉な抽選の結果以下の人達が高額商品をゲットした。先ほどジャンケンを制した高畠氏はの賞品ゲットで二冠達成でした。

 

 中締めは神広美の若頭、大峰英一氏が本日参加して下さった方々に感謝の気持ちを述べ、3本締めを行った。大峰氏は四月より齋藤部長に代わり部長を襲名する。

閉会の挨拶はBGMと共に登場した神広美専務理事の末廣氏が努めた。最初に家族、仲間の大切さを再認識したことを語り、来期神広美会長を引き受けたことを明らかにした。神広美は今年、世代交代、一般社団として、親会・青年部全員が新たな「スタートライン」に着く。


[神奈川-No.31]

投稿者 : hiro-eda 投稿日時:2012-01-13 (918 ヒット)

関東青連 第2回ネットワーク委員会・第4回役員会・新年会

◆2012年1月12日(木)◆


  2012年1月12日(木)、17時30分、両国の屋外広告会館にて、関東青連は第2回ネットワーク委員会を開催した。参加者は16名で、ノートパソコンから実際に投稿する練習をおこなった。今回はネットワーク委員及び役員に実際のホームページに投稿するための実技講習会というかたちで、戸島会長がプロジェクターを使い、熱心に説明をおこなった。委員会終了後は、第4回の役員会が行われた。主な議案は3月度、4月度の例会についてで、3月のLED研修会はメーカー2社が協力をしてくださることになった。4月のデジタルサイネージ研修会は、基本的には前回のリベンジである・・・。

 役員会終了後は場所を屋外広告会館から2分の四川料理「蜀食成都」に移し、懇親をはかるための新年会が行われ、17名が参加した。江田専務理事の乾杯の発声で開宴。食事をしながら、様々な会話を弾ませていた。22時ごろ川原田副会長の締めで散会した。

 

  


  


投稿者 : hiro-eda 投稿日時:2012-01-04 (987 ヒット)

第6回冬季定例会&青年部忘年会開催

◆2011年12月10日(土)◆


  

 2011年12月10日(土)午後3時より、横浜市緑区中山にあるイタリア料理の店、「トラットリア ダ テレーサ」にて神広美青年部は第6回冬季定例会と忘年会を開催した。

冬季定例会が川崎日航ホテル以外で行われるのは今回が初めてである。参加者は、青年部関係者29茗であった。

 

 冬季定例会の議案は下記の項目である。

 

  1号議案:来期年間行事計画の件

        ・最終は4月の総会で発表。

  2号議案:会員相互協力のための情報開示の件

        ・当日、アンケートも実施した。

  3号議案:青年部ホームページの件

        ・関東青連で進めているホームページに相乗り、協調していく。

  4号議案:会員拡大の件

        ・厚木地区の梃入れを行う。

  5号議案:被災地支援の件

        ・年度内は継続

  6号議案:新年度役員改選の件

        ・次期部長に大峰英一氏が内定(詳細は後日発表)

 以上の議案は全て無事に承認された。

 


青年部の愉快な仲間たちも宜しく。

 

 午後5時からは忘年会が行われた。青年部単独の忘年会は5年ぶり2度目である。今回はおとなしく小休止だと思います。しかしながらも、恒例の一攫千金500円ジャンケンや、本日お世話になった「トラットリア ダ テレーサ」の食事券の抽選会等は大変に盛り上がりました。 午後7時には無事に閉会し、2011年神広美青年部の全ての事業が終了した。  


告 知

 2011年はいろいろなことがあり、みんな大変だったと思います。当青年部にとって初めての後退も味わいました。でもまだ多くの会員に支えられているので、来期に向けての新体制で更に加速を付けたいと思います。来年は神広美青年部としては1月25日に親会と合同で賀詞交歓会を実施いたします。宜しかったら是非、応援に来てください。


 [神奈川-No.30]


投稿者 : hiro-eda 投稿日時:2012-01-04 (922 ヒット)

経営研修会 10年連続「日本一の知恵工場」

2011年12月8日(木)◆


 神広美青年部は2011年12月8日(木)の午後4時から横浜市中区のホテルコンチネンタル横浜にて行われた神奈川県中小企業団体中央会(以下:神奈川青中)主催の経営研修会に6名が参加した。講師は「株式会社タニサケ」取締役会長の松岡浩氏で著書にゴキブリだんごの秘密(PHP研究所)、喜びの生き方塾(モラロジー研究所)などがある。

 今回の講演テーマは『日本一の知恵工場』であるが、冒頭松岡氏は今回参加した若手経営者の顔を眺めこう説いた。「経営者は一番早く出社し、一番汚い仕事をする。これがよい会社を作る道である。」。なんとタニサケではトイレを掃除を中心とした1泊2日の体験研修「タニサケ塾」を主催し、全国から中小企業経営者を無料で受入れ、独自のノウハウで生み出した「日本一の知恵工場」経営の秘訣を伝授している。社員数37名の会社のどこにこんなパワーがあるのかは「日本一の知恵工場」のほうだが、これは「社員がやる気を出すにはどうすればよいか」ということが原点のようである。モノづくりの現場においては91年から徹底した改善活動に取り組み、1件あたり300円の改善手当を支給。改善提案が採用されれば報奨金を支払うそうだ。2010年では1人あたりの年間の報奨金額は18万8214円に達する。1人あたりの改善提案件数は146件と高水準である。経営者だけが考えるのではなく、全社員が考え知恵を出す。会社はその対価を支払う。経営者は環境づくりをする。という仕組である。これらを10年間継続したことで、コストダウン、生産性の向上、不良の低減などが顕著に進み、高収益体質になり、それを維持している。

 今回は大変に勉強になった。松岡会長のようになる為にはまだまだ修業不足だが、また1人、尊敬できる経営者に出会えたことは自分の財産になるだろう。

 青年部として神奈川青中に所属して現在は副会長・他の理事2名を出している。費用の面から言っても一つの組合では出来ないことも多くの組合の力を持ってすれば、可能になり、会員に対してもクオリティーの高いものを提供できる。是非とも未加入の県は各県の青年中央会に入ることをお勧めします。


   [神奈川-No.29]


投稿者 : hiro-eda 投稿日時:2011-11-24 (1697 ヒット)

 


群馬県屋外広告美術業協同組合 青年部設立総会

◆2011年11月19日(土)◆


 

2011年11月19日(土)、関東青連役員は群広美青年部設立総会に参加した。会場である前橋商工会議所は朝からの雨のせいか少し肌寒かった。会場は16時の開始時刻にあわせて多くの人で埋め尽くされていた。総会は青年部野村雅弘氏(株式会社北関スクリーン)の司会進行でスタートした。 発起人代表挨拶を前田修氏(株式会社マエダスタジオ)が行い、続けて群広美伊藤理事長が挨拶を行なった。伊藤理事長は設立までの積年の思いを述べた。そのあと、激励の言葉を関東地区連萩尾会長、関東青連戸島会長が述べた。総会は次第通り順調に進行し、審議も無事に終え、ここに群広美青年部が正式に誕生した。部員数14名、役員人事は以下の通り。

 

  代表 : 前田 修

  副代表 : 野村雅則、松本憲昭

  理事 : 南川翔平、西脇淳一、田島宏樹

  監事 : 田村秀樹


  

総会終了後は懇親会が行なわれ、多くの参加者が青年部設立を祝福した。懇親会は20時を廻ったころ、青年部監事で、設立に向けての貢献者である田村秀樹氏の締めで幕を下ろした。


 群馬青年部の皆様へ

 

これからのご活躍を祈念いたしております。また関東青連の仲間として共に屋外広告業の発展の為に取組んでいきましょう。本当におめでとうございます。

 

                                            関東青連役員一同


 


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 18 »